Whole Earth『EARTH TRIPPER 2.0(アーストリッパー2.0)』

今回ご紹介するのは『EARTH TRIPPER 2.0(アーストリッパー2.0)』です。

ソロで使用するのに調度良いサイズとなっております。

前室付きの2ルームテントで前室の入口すべてにメッシュが付いていますので、通気性も良く虫対策も可能です。

設営も楽にでき、居住性に優れたテントとなっております。

目次

基本情報

フライシート(約)230x300x145cm
インナーテント(約)W215xD140xH120cm
収納時サイズ(約)W60xD23xH23cm
重量(約)7.50kg
対応人数(約)1~2人(インナーテント収容人数)
素材フライシート:ポリエステル(耐水圧 3,000mm、撥水加工、防水シームシール加工、UPF50+、裏側シルバーコーティング、難燃加工)
インナーテント:ポリエステル(耐水圧 500mm、撥水加工) 
フロアー:ポリエステル(耐水圧 5,000mm、撥水加工) 
フレーム(メインポール):ジュラルミン
フレーム(サイドポール):ジュラルミン
フレーム(フロント):ジュラルミン
張り綱ロープ:蓄光自在ストッパー付き
ペグ:スチール
収納袋:ポリエステル
カラーサンドベ-ジュ

EARTH TRIPPER 2.0(アーストリッパー2.0)特徴

こちらのテントはなんといっても設営が楽にできるのが特徴的です。

自立型のテントなので、立ち上げた後も移動可能なので場所・向き等を調整できます。

インナーテントを外して、フライシートのみを使用したシェルターとしても使用可能です。

設営

カラーアシストシステムによりポール、スリーブ、ポールジョイントの各部分が同色に色分けされているので、簡単に設営ができます。

インナーテントを設置する際は、吊り下げ式となっており簡単に脱着できます。

フック部分が色分けされているので設置箇所が分かりやすいです。

私は収納時にインナーテントを外すのが面倒で、付けたまま収納しているのでカラビナを付けております。

※おすすめはしません。

メッシュ付き

前室の入口すべてに細かいメッシュが付いているので、通気性も良く、小さな虫の侵入も防いでくれますので、

夏でも快適に過ごすことができます。

後ろ側にメッシュはありませんが、インナーテントにメッシュが付いています。

ベンチレーション

テント内は熱や湿気がこもりやすく、夏場は締め切っているとサウナ状態になってしまいます。

ベンチレーションがあることによって、外の空気を取り込んで循環してくれますので、テント内の温度を下げたり結露を防いでくれます。

側面と後ろ側に配備されております。

インナーテント

インナーテントは収容人数が2人までとなっているので、ソロで使用するには十分の広さがあります。

幅が215cmあるので足を伸ばしてゆったりと寝ることができます。

ただし、2人だと少し窮屈かもしれません。

メッシュが付いているので虫対策をしながら換気もできます。

キャプテンスタッグキャンプマットのダブルがシンデレ…ジャストフィットします!

EARTH TRIPPER専用のフロアマットも販売されております。

小さな収納ポケット付き。

前室

こちらのテントの良いところはこの広い前室です。

前室があるので雨も日差しもしのぐことができます。

ゆっくり料理ができますし、夜は閉めきれば周りを気にせずくつろぐこともできます。

テントの上部にランタン・ティッシュケース等を掛けれます。

みんな大好きな『フィールドラック』を2個並べることも可能です。

そしてラックの上に、収納力グンバツの有能な『アルバートルマルチギアコンテナ』も設置できます。

ざっと荷物を配置するとこんな感じです。

ダイワソフトクーラーボックス25L』、『オレゴニアンキャンパーポップアップトラッシュボックス19L』、

BUNDOKロースタイルチェア』、『キャンピングムーンフィールドラック3個』と配置してますが、

それでもスペースがあります。ソロでは十分すぎる広さです。

まとめ

良かった点

➀とにかく設営が簡単です。慣れれば10分程で設営できます。

➁テントを立ち上げた後、移動可能なので場所・向き等を調整できる。

➂前室が広くてゆったり過ごすごとができ、雨風をしのげる。

➃メッシュがあるので、風通しもよく虫対策ができる。

⑤インナーテント内で十分に足を伸ばすことができる。

➅ベンチレーションがあるので24時間換気可能。

➆寝るときに荷物を前室に置くことで盗難対策になる。

気になった点

➀ポールの色。青と赤であまり雰囲気に合わない。

今のところ他に思い浮かばないです。

今後、何か気になる点がありましたら報告いたします。

実際に使ってみて、ソロでは十分過ぎるほど広くて快適に過ごすことができました。

ソロキャンプで前室付きのテントを探されている方は是非ご検討下さい。

目次