『タフまるJr.』小型カセットコンロ!風にも強い!!

今回ご紹介するのはIwataniの『タフまるJr.』です。

従来のタフまるを小型化にし、ソロキャンプや少人数に適したコンパクトサイズとなっております。

シングルバーナー、コンロ等の火器でお悩みの皆さん。

車でキャンプに行く方なら、このタフまるJr.一択です。

デザイン性も良く、スタイリッシュで可愛らしさを感じさせるコンロです。

目次

基本情報

材質本体;鋼板
トッププレート:ホーロー用鋼板
ごとく:ホーロー用鋼板(ホーロー加工)
バーナー:鋼板(ステンレス)
点火つまみ:ABS樹脂
本体サイズ(幅×奥行×高さ)286×193×122mm
(ケースサイズ 320×252×135mm)
商品重量約1.6kg

本体(ケース)
オリーブ(カーキ)
ブラック(ブラック)

タフまるJr.の特徴

外観

それでは早速中身を見てみましょう。

中身はこんな感じでシンプルなので、コンロの出し入れも楽です。

ケースには取っ手が付いていおりますので、持ち運びに便利。

開閉時は矢印の部分をスライドさせるだけ。

コンロ本体も一般的なコンロに比べるとコンパクトなので、ソロキャンプや少人数のキャンプに最適です。

500mlのペットボトルと比べると、よりコンパクト感が伝わります。

点火つまみ

つまみ部分は大きめで握りやすく、火力の微調整がしやすいです。

シングルバーナーだと弱火にすると風で消えやすく微調整が難しいのですが、タフまるJr.はダブル風防ユニットで風の影響が受けにくくなっておりますので、弱火から強火までの調整がやりやすくなっております。

空気は通しても、風は通さない!「ダブル風防ユニット」搭載(特許第5174947号)

(画像:Iwatani公式HPから引用)

火力調整

こちらはとろ火です。(とろ火とは弱火よりさらに弱い火力です)

風が強い所だと難しい、じっくり煮込む料理もタフまるJr.なら可能です。

こちらは中火です。

こちらは強火です。

十分な火力があるので、一気に水分を飛ばしたり、サッと焼き上げることも可能です。

ガス管のセット

タフまるJr.の使用ガスはCB管となっております。

ガス管の取付はマグネット着脱式なので簡単に取り付け・取り外しが可能です。

ヒートパネル方式を採用

冬場にシングルバーナーを利用して火力が弱くて困った経験された方いますよね。

ヒートパネル

タフまるJr.はヒートパネルの採用により、バーナーの熱をボンベに伝えて、ボンベ内ガスの気化を促進させ、高火力を維持することができます。

※この為ボンベが熱くなりますが、異常ではありません。

危険防止の為の安全装置が二つ付いております。

1.圧力感知安全装置

ボンベが過熱され容器内の圧力が異常上昇したときに、自動的にボンベが外れ、ガスの流れが止まり、コンロの火を消す装置です。

2.容器装着安全装置

器具せんつまみが「消」になっていないと、ボンベが装着できないようにした装置です。

このうような安全装置が付いているので安心して利用ができます。

使用できる鍋のサイズ

耐荷重は10㎏まで、鍋上部の直径は20㎝までのものをご使用ください。と推奨されております。

(ダッチオーブンは8インチまで)

これぐらいのサイズのフライパンであれば安定して利用できます。

まとめ

良かった点

➀デザイン性も良く、スタイリッシュで可愛らしさコンロ。

➁コンパクトで使いやすい。

➂火力の調整がしやすい。

➃ダブル風防ユニットで風の影響を受けにくい。

⑤ヒートパネルで高火力を維持できる。

➅危険防止の為の安全装置が二つ付いている。

キャンプでコンロを使うなんて邪道だと思われる方もいてると思うのですが、快適性・利便性を追求するとタフまるJr.は必要不可欠なものとなりました。

シングルバーナーやアルコールストーブはキャンプ感がでて雰囲気も良くなりますが、一度タフまるJr.を使ってみてください。便利過ぎて他を使う気になりません。

以上、Iwataniの『タフまるJr.』のご紹介でした。

他のキャンプ道具の記事

目次